人気ブログランキング |

おうざせん だいにきょく

 渡辺王座に羽生二冠が挑む五番勝負の第2局です。

 先週の第1局からまだ1週間しか経っていません。

 第1局を後手番で制した渡辺王座。先後入れ替わっての第2局の戦型に注目が集まりました。
 (本当に集まったのか?)
 

 前の53期王位戦で挑戦者の藤井九段が羽生王位に対して採用した角交換四間飛車を採用し4手目・4二飛と羽生二冠が飛車を振った時点で波乱の幕開け。

 
 (個人的には羽生さんの振り飛車にはあまり驚かないんだけど。)

 ただ、どんな手でも指してみようという貪欲さにはいつも驚かされます。戦型即採用というのはよく見られると思うのですが。

 さて昼からは、羽生二冠の玉が右に左に行く"一人千日手"もありましたが、渡辺王座が千日手にする気は微塵もなく陣形を固めながら一旦は4八に寄った飛車を再び2八に戻す柔軟な手を指して2筋で開戦。

 夕食休憩ごろまでは優勢を保ちながら指し進めていた先手渡辺王座でしたが、徐々に差を縮められてついには逆転。とうとうそれが覆ることはなく羽生二冠の勝ちとなり番勝負は1勝1敗の五分となりました。
 またもや後手番のブレーク。

 個人的な感想で言えば、5筋に打った角の差だったように思いました。

  
 △5二角打と▲5一角打

 5二に打たれた角は最終的には4三に収まりこの場所で長いあいだ先手陣を苛めていたように思います。

 5一に打たれた角は指した直後から働かず最終盤の局面でも後手の好手(6一金引)により万事休す。 

 勝負どころはもっと他にあるでしょうが印象に残っている手でした。



 さて今回、特に話題になったのが羽生二冠の角交換四間飛車と一人千日手でした。

 前者は前述のように個人的には瞠目するに値せず、後者については正に賛否両論でしょうが、もともと千日手含みの手であり自ずから交戦するような手ではないことを踏まえ、且つ、勝負に辛いということは決して悪いことではない、といいうのが極個人的な感想です。

 ここで負けたら一気に持っていかれる、という羽生二冠の気概は恐ろしいくらいでした。
 また、羽生さん相手ここまで極限の戦いができる渡辺王座にも畏敬の念を禁じえません。
 このお二人が対峙したときの次元の違いは言いようがありません。

 勝敗五分になりあらためて三番勝負となりましたが、第3局は少し間をおいて2週間後の9月19日。
 
 また命を削るような戦いになることは必至です。



 (了)





※素人目線、知識不足によるあれやこれやは堪忍ね
by norimaxim_9981 | 2012-09-06 00:05 | きせん