人気ブログランキング |

じゅんいせん えーきゅー さんかいせん

 順位戦A級3回戦、渡辺(明)-橋本戦です。


 後手橋本八段は先日の王座戦第2局で挑戦者・羽生二冠が採用して話題になった角交換四間、ただし羽生さんが披露した構想を辿らずに向かい飛車に。

 先手渡辺竜王優勢の終盤、74手目△2五飛が4五の馬取りになるも構わず▲4二歩成。
 そこから4手後の79手目▲3六銀打が誰も予想だにしていなかった、しかしそれ故に強烈な決め手となり、この手を見て後手投了。



 さて、ここからはいつもの素人目線。
 4二歩成が“決めにいった手”と言われましたが、3六銀打は手の解説を読むにつけ“完勝を狙った手”という印象を抱きました。

 つまり、

 順位戦、2回戦を終わった時点で1勝1敗、名人挑戦には早くも負けられない状況です。

 尚且つ、前の王座戦での敗戦。


 あらゆる意味で負けられない大義名分の道の果てに3六銀打の強烈手があったように思います。


 これでまた王座戦が面白くなるのは勿論、引き続き順位戦、また明日挑戦者が決まる竜王戦が白熱することは間違いないようです。





(了)

 ※渡辺(明)の表記を使ってみたかっただけ+はじめての携帯投稿
   
by norimaxim_9981 | 2012-09-11 00:13 | きせん