ちぇすぷろぶれむ

 神戸で開催されているWCCC2012へ行ってまいりました。

 今回のレポートは特に「行ってきました」ってだけの内容です。
 すみません。

 フランスのチェスチャンピオン、マキシム・バシェ・ラグラーブ氏と羽生善治王位・棋聖の友好対局です。(羽生二冠の飛車落ち、チェスは先手)
 チェスと将棋の対局ですが、それを同時におこないます。
 将棋で一手指し、チェスで一手指したらチェスクロックを押す、といった感じで進行します。(持ち時間は各1時間)


 会場の入り口。
 
a0248281_2331859.jpg


 対局を観戦する各席にはチェスと将棋の盤が用意されています。
 写真はもう終盤ですね。(たぶん)
 
a0248281_2325169.jpg


 結果は、将棋は羽生さんが勝ち、チェスはラグラーブ氏の勝ちでした。

 チェスの投了(Resign・リザイン)の際、羽生さんがラグラーブ氏に握手を求めたのが新鮮でした。


 観戦してた外国の方が持参していた携帯のマグネット盤(チェス盤)が可愛らしいのが多くて将棋盤でもああいうのがあればなあと思いました。(写真撮らせてもらえばよかった。)(国際交流できなんだ)



 WCCC(World Congress of Chess Compostion)とは何ぞや?
 WCCC2012kobe,Japan
 [サイト内のブログではその時の写真がたくさん掲載されています。]


 だーっ!!(忘れてた)

 あと、あと、最後の感想戦のまとめの時に羽生さんに突如英語でスピーチしてくださいと無茶ぶりがあった際に、

 「え?え?英語ですか?」なんてドギマギしながらもその後流暢にスピーチしてらしたのがこの日最大の萌えポイントでした。
 羽生さんの生エイゴが聞けたのは俺得でした。いや皆得でしたか。
 そしてそれを咄嗟に動画撮影した俺勝ち組、って感じです。自分GJです。





(了)
by norimaxim_9981 | 2012-09-17 23:38 | イベント