おうざせん だいよんきょく

 雑感-。

 渡辺王座に羽生二冠が挑む五番勝負の第4局です。


 結果から言えば、
 千日手指し直しの末、羽生二冠が渡辺王座を破り王座を獲得。

 両者持ち時間が10分を切り22時を過ぎて終局近しからの千日手成立、指し直し局は深夜2時にまで及ぶ大熱戦でした。

 とにもかくにも話題に上がったのは千日手局での、122手目・羽生二冠の△6六銀と打った手。
 渡辺王座が数手先に用意している▲6六桂打を消した手でしかも先手玉に詰めろをかけた手。要するに敵の打ちたいところに打ってなおかつそれが詰めろですよ、という手でした。細かい戦術、手順はわからずとも素人目線ではそれくらいの理解でも十分だと思います。

 122手目棋譜コメントより
後手玉の▲8三飛△同金▲同銀成△同玉▲8二飛△7四玉▲6六桂からの詰みを消しながら、先手玉に詰めろをかけている。恐ろしい手があったものだ。


 今回感じたのは羽生さんの特に後手番での柔軟さです。
 第2局、第4局で見せた角交換四間や2手目3二飛車。対渡辺、タイトル獲得への貪欲さと将棋の柔軟さの現れだと思います。
 王座戦での羽生さんを見るにつけ以前読んだ、梅田望夫氏の著書「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」のとあるページを思い出していました。
 本棚からその本を取り出しそのページを開いてみると案の定ページに折り目がついていて、

 
「ここ10年は今までの将棋の歴史のなかで一番変化が大きい時代。そのなかで、謙遜ではなく、自分自身は決してトップランナーではなかった。いかにして追いつき、新しい感覚を身につけるかに忙しかった」

 朝日新聞のインタビュー記事なので引用の引用といったところですが、この言葉そのもののことが王座戦で繰り広げられたように思いました。羽生さん自身のインタビューや他の棋士からの評ではことあるごとに、固定観念を捨て、その時に優秀だと思う戦型は取り入れ、その為の情報は積極的に収集する、といったところですが、上記に連綿することと思えます。
 多少ズレてるかも知れませんが。


 いっぽう、渡辺竜王。

 今まで獲得したタイトルを失冠したことがない、などと言われてきましたが、まあそれもその筈ですよね。二冠になったのも初めてだったんですから。獲ったからには必ずいつか失う。いつまでも勝ち続けるわけにはいかないのです。勝って当然というのは霞のような幻であり、勝つか負けるかということのみに於いては五分であり必勝というのは存在しません。
 一局の趨勢は刻一刻と目まぐるしく入れ替わり勝敗はギリギリのところで決します。とくにこの二人の対局は最終盤でもよく解らず必ずと言ってもいい程もつれます。ただ、今シリーズはそういったシーンは少なかったのかも知れません。
 しかし、ここで"初"の失冠をクローズアップするのはいかにもナンセンスで、羽生さんが王座を取り返したというような表現を用いるのも同様であり、深夜2時を越えた時点でのあの盤面、シーンにはそぐわないと感じます。
 最終盤、後手(渡辺)敗勢に紛れが無くなったところからそれでも一手一手指す渡辺王座。早く投了したほうがいいのではという声もありましたが、どうしてもそうは思いませんでした。

 この一手には必ず意味がある。

 この将棋での意味はなくとも必ずこれからに繋がる。

 そんな気持ちで見ていました。


 とにかくこの将棋に関しては両対局者、記録係に立会人、関係者の方々、並びに深夜まで観戦していたファンの方々にはお疲れさまでした。




 間、髪を容れず竜王戦が始まります。

 
 そして秋が深まりだします。





(了)


※タイトルの移動があったために、さん、二冠、王座、竜王の呼称が入り乱れています。すみません。
 ほんとうは全て、さん、でいきたい^^;
by norimaxim_9981 | 2012-10-04 21:30 | きせん