人気ブログランキング |

たんぺんしょうせつ

 連盟モバイルの「棋譜検索」で検索できる棋譜ってある一定の期間が来ると一覧から外れてしまうんですね。
 それぞれの棋戦サイトで引き続き棋譜や中継ブログが見られる場合はよいのですが一般的にモバイルでしか見られない棋譜、中継ブログというのも少なくありません。

 且つ、Kifuを外部出力できない、

 と、なれば......

 書き写すしかありませんよね。(T_T) (←超アナログ!!)


 今回"写譜"したのは、

 2012年7月13日、第6回朝日杯将棋オープン戦・一次予選1回戦
 ▲山本真也五段-△長谷川優貴女流二段

 です。


 今回、初めて写譜をしてみて感じたことは、


 『一局はひとつの短編小説』のようである、ということ。


 中継担当記者の方による棋譜や棋譜コメントはあとからじっくり読んでも非常に臨場感がありその時の緊迫感がひしひしと伝わってきます。
 一手一手細部にまで描写された棋譜と棋譜コメの写譜は11ページにも及びました。


 以下、初手より(字の汚さはスルーで)
 
a0248281_2329350.jpg
 初手~19手目
 
a0248281_23303730.jpg
 20手目~37手目
 
a0248281_23311692.jpg
 38手目~57手目
 
a0248281_2332342.jpg
 58手目~78手目
 
a0248281_23323924.jpg
 79手目~106手目
 
a0248281_23332727.jpg
 107手目~119手目(迄119手で先手勝ち)


 一手ずつ追いながら読みや盤面を見ることで無棋力の自分でも、この手のこの盤面というのが浮かんできます。

 今回は、青春小説といった感じでした。




 あと......、

 腱鞘炎になるかと思いました。




 (了)
by norimaxim_9981 | 2012-11-19 23:57 | そのた